物件内覧会を開催しました

こんにちは。かもめブックスです。
神楽坂は時折の小雨、傘が街を彩っています。

さて、Twitterなどでお伝えしましたが、本日は夕方まで物件内覧会を
現地で開
きました。

オープンのお知らせ以来、予想をはるかに超える関心をもってくださり、
「どん
なお店になるの?」とたくさんのお問い合わせをいただきました。
ならば早くご期待にこたえたい!……と、急きょ決めたのです。

ただ、内覧会……といっても、まだ内装工事に入る前の骨組みだけ。
天井も壁もむき出しで、工事用の電球がいくつかぶらさがっている状態です。
それでも、大勢の方がお越しになりました。
(時間をつくっていただいて、ほんとうにありがとうございました!)


がらんとした店内。時間をかけて熱心に見てくださった方も。

目立ったのは、小さいお子さん連れのお母さん。
「Twitterで知って来ました」
「Facebookで気になって」
との声もたくさんいただきました。
「どんな本が読めるんですか?」
「絵本は置かないのですか?」
といったお問い合わせも。

ほかにも、着物をお召しの方もいらっしゃったり、地元でおなじみ、かもめブッ
クスの階下でもある中華のお店「龍朋」のご主人が来られたり。


牴来堂の社員食堂疥曲のご主人と、店主の柳下。
いつもお世話になっております。


短時間のうちにも、こんなに神楽坂らしいみなさんが遊びに来てくださいました。
ご覧になった方には先着で、かもめブックスでお出しするWEEKENDERS COFFEEさん
のドリッ
プパックを差し上げました。

WEEKENDERS COFFEEのドリップパックは、この日のために京都から
送っていただきました。「華やか」「マイルド」「深煎り」の3つのテイスト。


そしてもちろん、鴎来堂のスタッフも見学。
かもめブックスの店主でもある代表の柳下が、自らチョークで「本棚」「レジカ
ウンター」などと書いた内部を案内しました。
ふだんおとなしめの面々にも、自然とおしゃべりが生まれました。


店主・柳下による歓迎のことば。


「かもめ来よ 天金の書を ひらくたび」は、三橋敏雄氏の俳句。
ここか
ら鴎来堂の社名がつけられました。



店の真ん中あたりにレジができます。


鴎来堂のスタッフは、壁の説明書きをじっくり読んでいました。


壁には、かもめブックスのマスコットキャラクターの絵も。
どんな名前に
なるのかな?


あいにくの空模様でしたが、地元の方々、鴎来堂のスタッフの笑顔が咲く
一日と
なりました。

今はがらんとした店内ですが、よく見てみると、いろんな発見があります。
壁に赤城神社のお札がはられていたり、曇りガラスの古びた窓が残っていたり。
文鳥堂書店からバトンを受けて、歴史をつないでいく重みを感じます。


赤城神社のお札に、レトロな窓。中では味わいのある表情が見られます。

そして、本とコーヒーを入口に、ゆったり流れる時間に身をひたし、
校正・校閲
に興味をもっていただけたら……。
そんな夢を、みなさんと一緒に、かもめブックスという器へ詰めこんで
いきたい
と思っています。

「オープンはいつですか?」という声をたくさんいただきました。
これから大急ぎで内装工事を進めますが、なにせまだ骨組み段階ですので……。
申し訳ございませんが、あとひと月余りお待ちいただきます。


取次という、出版社と本屋を繋ぐ本の問屋さんである「栗田出版販売」
の皆さんと。栗田さんがかもめブックスの本を手配してくださいます。


今日来てくださったみなさんにまたお目にかかれること、
来られなかった方々に
は初めて出会えることを、
心待ちにしております。


(文責:カナヅチカモメ)

 

コメント
初めまして、コメント失礼いたします。本日の内覧会にお邪魔しました。
ずっと育った街で、ブックス・ミヤの頃から長年本屋として親しんでいた場所でした。そこがもう一度本屋になるとのこと、本当に嬉しいなと思います。
カフェも併設されるとのこと。おいしいコーヒーを飲みながらお気に入りの本を読む、電車に飛び乗る前に新刊や雑誌を買う、など今から楽しみです。
開店を心待ちにしています。どうぞ頑張ってください。

マスコットも可愛くて、お名前をあれやこれやと考えめぐらせてしまいます…笑。
  • テラ
  • 2014/10/02 10:42 PM
テラさん
あたたかいコメント、有難うございます。
街の皆さんに可愛がって頂ける本屋を目指して頑張ります。どうぞ応援してください。
開店したら、きっと遊びにいらしてくださいね。
マスコットキャラクターの名前もお待ちしています!
  • かもめブックス
  • 2014/10/03 12:31 AM
初めまして、コメント失礼します、ゆきと申します。内覧会に参加し社員の方からご説明を頂きました。文鳥堂さんがなくなってしまいショックだった分、とても嬉しいです。
内装の図面を拝見した中では、酒類の販売や一部がイベントスペース化とする事で、騒音が激しくなる事につながるのではと懸念しております。(最近ずいぶんと道路沿いは騒がしくなりまして。。)駅前とはいえ住宅地ですので、できるかぎり落ち着いた雰囲気で楽しめる本屋さんになればいいなと願うばかりです。

子供が多い町であるので絵本の特集等を頂けたら嬉しいです。
通り沿いにずっと本屋さんが欲しかったため開店が楽しみです。応援してます、がんばってください!
  • ゆき
  • 2014/10/04 12:22 AM
ゆきさんへ
コメントありがとうございます。
文鳥堂さんのころからの神楽坂っコなんですね。ご近所さんですね。

>騒音が激しくなる事につながるのではと懸念しております。
貴重なご意見、ありがとうございます。
主としてお客様が過ごす場所は、通りに面したカフェで行い、
周辺の環境には十分配慮して営業をしていくつもりです。
気にかけてくださってありがとうございます。

>子供が多い町であるので絵本の特集等
そうなんですよね!
先日の内覧会で、バギーを押したお母様がたがたくさん来てくださいました。
特集、常設、いろいろと織りまぜて棚を作っていければと思います。
開店したら、ぜひ、遊びに来てくださいね!
最初から、すべての方々のご期待に添うことができないかもしれませんが、
開店時間やお客様のリクエストにゆっくりと応えて、
神楽坂にチューニングしていければと思います!

お店でお会いできる日が楽しみですね。
  • かもめブックス
  • 2014/10/09 12:03 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM